行き当たりバッチリ/旅に出た友のこと行き当たりバッチリ/旅に出た友のこと③

2011年01月27日

行き当たりバッチリ/旅に出た友のこと②


おみちゃんはバイクの免許を持っていない。

つまりこれまでバイクに乗ったことがない。でも俺はおみちゃんのドライブでよくいろんなところに出かけたから、運転がうまいことを知っていた。
バイクの運転というのは特殊技能だが、車の運転がうまい人はバイクの運転がうまい場合が多い。たぶんおみちゃんは大丈夫だろうと踏んだ。
本人は「とりあえず免許取りいくだね」と(静岡なまりで)興奮気味。

でも、そこからはじめるのは先が長すぎる。教習所の金だってバカにならない。幾ら保険が出たのかは聞かなかったが、出来るだけ出費は少ないほうが良いし、めんどくさいことが多いと「やっぱやめた」となりやすい。

「カブ、良いんじゃない?」
「カ、カブぅ? カブってアレ、新聞配達の?」
「そ。そのカブ」
もちろんみんなも知っているでしょう。あのカブ。郵便屋さんの赤いのはMDといって郵政カブという特別仕様。
「カブで行けるの?」
「よゆうだね。カブは生産台数世界歴代一位でギネスにも載ってんだぜ。カブのエンジンはハーレーダビッドソンのVツインと並んで、人類史上最も優れたエンジンだから。原付だから免許も要らないし」

俺はハーレー同様カブ(とか50ccのスポーツバイク)が大好きだから、幾らでも語るけど、ここでそんな話を聞きたい人も多くないだろうから割愛。
言いたいのは、カブは世界一周の旅にも十分耐えうるバイクであるということ。でもおみちゃんは「カブかぁ」とちょっとテンション低め。
「カブっつっても新聞屋さんみたいのばっかじゃないよ。黄色いヤツとか赤ともあったりして、すごく可愛いぜ」
「マジで。しんさん俺見たい。パソコンで見せて」

そして2階の書斎へ。
ヤフオクでカブ50を検索すると、何ページもの出品。食い入るようにチェックするおみちゃん。
「え、これナニ?」と見つけたページには、ハンターカブ。大昔のモデルで、イエローのオフロード仕様。正式名称CT50.俺は昔これの110ccに乗っていて、ずいぶん気に入っていたけどどっかでパクられた。CT110は世界中で売れたバイクで、農場で使用することが多いオーストラリア向けに現在も生産されている名車だ。50があったことは俺も知らなかった。
「おみちゃんさすが、お目が高いね」とミニ解説。「旅するにはこれ以上の原チャリはないね。古いから程度次第だけど」と付け加えた。するとおみちゃんは「これ買う。しんさん落札して」と即答した。
3[1]
コレ 現物はこんなにきれいじゃありませんが。

98000円。中古のカブとしては非常に高い。新聞仕様なら3、4万だし。でもおみちゃんの決意は固い。写真と解説をじっくりチェックすると、悪くはなさそう。生産されたのは1960年代末期、つまり40年以上も前だから、「それにしては」という注釈がつくけれど。
結局見事落札。出品者がたまたまおみちゃんの実家静岡から遠くなかったこともあり、その週末、電話があった。
「バイク取ってきたよ。ものすごく可愛い。エンジンもバッチリで、ナンバーとって走ってるよ。もう最高」
おみちゃんはかなり高ぶっている。
「でも遅いんだよね。加速がすごく悪いし、40キロくらいしか出ない。これってどーしようもないの?」

カブのエンジンは発売以来40年以上、大きな構造の変更はなく現在に至るシーラカンスで、チューニングパーツは無限に出ている。いくらでも速くすることは可能だ。
そう告げると「しんさんチのガレージで作業してもいい?」「もちろん」との会話を経て、数日後、静岡から我が家へ自走でやってきた。距離は200キロ近いのではなかろうか。言うまでもなく高速は使えない。世界旅行の実践トレーニングにはもってこいだ。
「疲れたァ。でも最高。これならどこでも行けるね。良く分かったよ。バイク最高!」
そして翌日から整備/改造の合宿生活が始まった。

「あとは何持って行けばいいだろう」
「まずキャンプ道具でしょ。テント、シュラフ、マット、バーナー、コッヘル、ランタン。とりあえずこれでどこでも寝られるよ」
再び二人でPCに向かい、オレの愛用する神田さかいやのHPでセール中のものを中心に選んでポチ。
キャンプ道具はよいモノを買うに限る。しっかりした商品を正しく使えば何十年ともつから、ノンブランドの安物を買うより結局お得。さらに言えば、車に積むことが前提のキャンプ用品より、登山用のブランドを選ぶのがベター。ザックに入れて背負うことが目的だから徹底してコンパクト、耐久性も高い。

2日後に届く。おみちゃんはまたしても大興奮。部屋の中でテントを張り寝袋を広げ、結局1週間そこで暮らしたのだった。

DSC_4938



さらに続く



shinikeda at 10:33│Comments(0)TrackBack(0) 旅する日々 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
行き当たりバッチリ/旅に出た友のこと行き当たりバッチリ/旅に出た友のこと③