男の夢ONE LOVE

2010年04月30日

のびろ(る?)


のびろ、ご存知ですか。あるいは「のびる」。漢字だと野蒜と書くらしい。
ユリ科の多年草。極ちっちゃなタマネギみたいな、この時期の野草です。
どうやらノビルが正式名称、ウチの田舎ではノビロと呼びます。
たぶん小学校の頃だろうなぁ。俺はこのノビロを採るのが大好きだった。味は辛くてほんのり苦く、子供が好むものじゃないから、食べることよりもっぱら採ることが好きだった。

本日。いまや日課となったランニングを終え、家の横の緑地でクールダウンしながら、咲き乱れる野花を眺めていたとき。アレレ、ひょっとして、と気づいてしまったわけです。のびろ。
ひとたび気が付くと、「ここにも、ほらあそこにも」といたるところノビロだらけ。脇を素手で掘りおこしてみると、白い球根が。うーん、懐かしい! 40年ぶりのご対面といっても大げさではないかもしれませんな。
あわてて家に戻ってハンドシャベル片手に引き返し、わずか15分ほどで大収穫です。

KICX0694KICX0696KICX0699

KICX0700KICX0701KICX0693

KICX0705葉はなんとなくネギっぽいから、慣れればすぐに分かります。脇にシャベルを挿し、グイと土を起したら指でほぐし、そーっと引っ張ると、ほら。これがのびろ(る?)。「童心に帰る」ってのは、こーいうことを言うんだろうナ。15分ほどでごらんの収穫。匂いはネギです。






ウィキペディアによれば、辛味がひりひりすることから蒜(ひる)と呼ばれた野蒜は古事記にも登場する。北海道から沖縄の畦道や堤防あたりに自生し、東アジア全域はおろか、北米大陸にも見られ、いずれも食用されているとのこと。
味噌と良く合うので、洗って根っこを落としてナマのままかじったり、味噌汁の具にもいいらしい。てんぷらも美味いと聞くが、どーなんだろう。
田舎のオフクロは刻んで味噌と鰹節で和えてた。炊き立てご飯に最高!

DSC_2824DSC_2826DSC_2830

さっそくみそマヨ+七味でいただきました。胃腸を丈夫にし、体を温める効果があるそうです。
たぶん都会のど真ん中でも(たとえば代々木公園とか)でも取れるんじゃなかろうか。GWに野蒜摘みなんて、ロハス?



shinikeda at 21:38│Comments(0)TrackBack(0) 日々雑感 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
男の夢ONE LOVE